スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チェ・ゲバラ 

添削の仕事がかなり忙しく
ブログの更新もままならない日々。

そんな中
映画を見に行きました。

先月の終わりに「チェ 28歳の革命」
先日「チェ 39歳別れの手紙」


チェ・ゲバラという人はフィデル・カストロと共に
キューバ革命で有名。

学生の時に習った時は
この2人はすごく悪いイメージがあったけど
実際はそうじゃない。

というか、イメージというのは見方による。

アメリカ側から見れば、悪者。


しかし、ゲバラは自分の為ではなく
キューバの国民が幸せになるために戦った人。

アルゼンチンでそこそこ裕福な家庭に育ち
自身も医者として何不自由なく人生を送れたはずなのに。


キューバ革命が成功した後も
今度はコンゴやボリビアで革命を起こそうとした。


結局、失敗に終わり、殺されてしまうが
その精神性に感動というか尊敬というか
本当にこんな人がいたんやなぁと驚くばかり。

武力に訴えるのは今の時代に合わないけど
格差社会が問題になっている現代にも
こういう思想を持った人が現れたらなぁなんて思います。


それに 
ゲバラを演じているベニチオ・デル・トロがまたかっこいい!
1800円出しても惜しくない映画でした。
パンフレットまで買ってしまった。





↑ この本を読んで、「39歳別れの手紙」を見に行った。
  映画にないことも書かれてあって、面白いです。
  これからほかの本も読みたいと思ってます。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ 
   いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト

[2009/02/23 00:05] 映画 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。