スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

母子家庭就業支援空回り 

ちょっと前の新聞の1面に出てたニュースBrilliant

厚労省が来年4月から受給後5年を超える母子家庭の手当を
最大半分まで減らすという方針を出しましたが
これとセットになった自立支援が進んでないそうです。

この実態を受けて与党は手当削減の凍結を検討しているそう。

母子家庭の就業支援事業とは

「自立支援教育訓練給付金」:ホームヘルパーなどの講座を受けて資格を取った場合費用の4                  割を支給。

「高等技能訓練促進費」:看護師など2年以上かかって資格を取る際に12ヶ月を上限に最後                の3分の1の期間に毎月10万3千円を支給する。

「常用雇用転換奨励金」:母子家庭の母親を正社員で雇った企業に30万円の助成金を出す。

という3事業のこと絵文字名を入力してください

とくに「常用雇用転換奨励金」の実績がもっとも低く、自治体の平均実施率は12.4%。
やっぱりシングルマザーを雇うことは企業もなかなかしたくないんでしょうね。
特に小さい子どもをもつシングルマザーは。

私も保育園に預けてもすぐには正社員にはなれないと思ってます。
正社員になって自立した生活を送りたいけど
まず雇ってもらえないだろうと覚悟してる。
今のヘルパーの会社で少しずつ仕事を増やしていくしかないかな…汗
私の場合、介護福祉士をシングルになる前に取ってたので、
なんとかなりそうなんだけど。

また、給付金があるといっても資格を取るには、それ以外にも費用が必要で、
貯金を切り崩したり、借金をしたり出費
そうして、例えば看護師の資格をがんばって取って就職しても、
夜勤をしなければ生活は苦しいそうで
夜勤をすれば子どもとの時間が削られてしまう。
さらには日々の生活でいっぱいいっぱいで、
資格を取ることさえできない人たちも多いようです。

2002年11月に成立した改正母子・寡婦福祉法の衆参両院の付帯決議では
児童扶養手当削減の政令を決める際には法改正後の就業支援策の進み具合や
母子家庭の状況なども考慮するとされています。

児童扶養手当、収入の少ない私には必要なのでできれば削減してほしくないんですが。
どうなるかとても不安です涙

こういうの甘えてんじゃない?という方も中にはいらっしゃるようですね。
(以前そういうブログを読みました)
もちろん税金を頂いているわけですから。
それにシングルを選んだのも自分だし。
でも、もう少し働ける環境や自立できる環境が整ってくれたらなと思いました。

今後の政府の判断に注目していきたいと思います。


ランキングに参加しています!
   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ 
   いつも応援ありがとうございます☆




スポンサーサイト

[2007/10/24 21:44] 母子家庭について | TB(0) | CM(2)

No title

本当に正社員への道は厳しいですよね。シングルマザーを選ぶのは
自分だけど、でもそれを受け入れてくれる社会がないと本当に
生きていけないですよね。
[2007/10/25 12:58] - [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

本当にそう思います。
自立したいのはやまやまですが、やはり現実の生活は難しいものがありますね。

コメント頂けて嬉しいのですが、よかったらお名前を教えて頂けませんか?
こちらからも訪問させて頂きたいと思います。
[2007/10/25 21:59] 花・花 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hana1mama.blog108.fc2.com/tb.php/118-d56b83dd









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。