スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ハッピーエンドにさよならを」 

久しぶりのおすすめ本本



題名の通り、ハッピーエンドではない物語ばかりの短編集です。
日常生活で起こりそうな話ばかりなので
かなりゾッとします。

最後があっと驚くような終わり方で、読んだ後いやぁな気持ちが残ります。
かなりもやもやします。

怪談話とかでは全然ないんだけれど
なんとなく夜読むのがいやでした。

それでも、読み出すとやめられなくて
私的にはかなり好きな本です。

ハッピーエンド好きな方にはおすすめしません笑



ランキングに参加しています!
   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ 
   いつも応援ありがとうございます☆

スポンサーサイト

[2007/11/05 21:40] | TB(0) | CM(2)

No title

へぇ~ハッピーエンドじゃない物語ですか。
なんか読んでみたいけど、読むのが怖い気もしますねi-230
いろんな本を読んでいるんですね。
本を選ぶポイントって、どこですか?
私は、好きな作家さんのを、片っ端から読んでいきます。
以前は、角田光代さんの本に、結構ハマって読んでいました。
今は、もっぱら重松清さんですi-228

ハッピーエンドじゃない繋がりだったら、三崎亜紀さんの「バスジャック」も、似ているかもしれません。  
[2007/11/05 22:51] ゆいちゃんママ [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

私の本を選ぶポイントは恋愛物やファンタジー系でないこと。
ちょっとドロッとした話のほうが好きです。
それこそ、ハッピーエンドでないストーリーを選んでしまいます。
角田光代さんもいいですね。
重松さんなんかはいい話が多いけど、切なくなるじゃないですか?
そういうのもいいですね。
子どもの話でも、灰谷健次郎さんとかより重松さんですね。

「バスジャック」っていうのは小説ですか?
読んでみたいです♪

[2007/11/06 22:19] 花・花 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hana1mama.blog108.fc2.com/tb.php/125-e4713aaa









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。