スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新入園の時期の子どもとの関わり方 

今日は保育園の日。

まおさん、朝から「ほいくえん いかない」と。

でも、車に乗ってしまうと今度は
「おかーちゃん むかえ くる」と。

本当は行きたくないのに
私が仕事だとわかってるからか
車に乗らないとは言わない。

わが子ながら、けなげやなぁひよこちゃん

新しい環境って大人でもかなりの緊張を伴うから
子どもはなおさらだと思う。

そういう時期の子どもとの関わり方について
臨床心理士の方の話を紹介しますflower3


保育園や幼稚園で
お母さんから離れられず、泣いている子ども。

お母さんの心配を感じて泣いている場合もある。
子どもって感受性強いから、親の気持ちを感じとっちゃうんやね。

子どもは泣くもの!
「お迎えまで遊んでいてね♪」と声をかけ
潔く離れてしまえば、泣きやむ子が大半。
子ども達は戸惑いながらも適用しようとがんばっていて
自分の環境の中でどう生きていけばいいのか、子どもが自分自身で学ぶ良い機会でもある。

お母さんはおろおろしたりせず
子どもの力を信じて見守ってあげる事が大事です。

そして、お迎えに行ったとき、家に帰ってきたとき
しっかり抱きしめる事ハート(オレンジ)
この安心感が子どもの勇気になる。

しかし、必要な時は手を出す。
タイミングを間違わないよう
落ち込みが激しい、お腹が痛い等の身体症状があるときなど
子どもの状態がおかしいという状況を感じる事。

1.見守る
2.手を出しすぎない
3.必要な時を見極めて手を出す

子育てに大切なのは、“親ヂカラ”おー

子どもを信じて見守るって
子どもが大きくなればますます必要やね。 




まおさんも、朝は行きたくない様子で心配だったけど
今日初めてお布団に入って自分でお昼寝したらしいえぇ
おっぱい無しで1時間半も!

迎えに行ったとき、安心したのか泣いちゃったけど
その後はすこぶる機嫌がよく
昨日のまおさんとは大違いでした絵文字名を入力してください
たくさん遊んで、寝て、満足やったみたい。



ちなみに便秘も保育園に行き始めてから
解消しつつあります。
浣腸なんてひと月近く使ってないし
ラキソベロンもちゃんと飲んでないときもあるのに
ウンチはちゃんと出てるんだよね。
保育園がいい刺激になってるんかな。


子どもの適応力ってすごいね拍手
子どもを信じて見守る親ヂカラ
しっかり身につけたいものです。


ランキングに参加しています!
   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ 
   いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト

[2008/05/08 22:25] 保育園生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hana1mama.blog108.fc2.com/tb.php/256-a90a86db









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。