スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ショッキングな本、読みました( ̄□ ̄;) 



「人間になれない子どもたち」なんて
題名だけでかなりのショックを感じる( ̄□ ̄;)

内容はもっとです!
普段何気なく見てるテレビ。
私たちはテレビのある生活が当たり前だし、
見てなくてもなんとなく付いてないと
落ち着かないって事ありませんか?

子育てにおいても、自分が仕事をしている間、
テレビやビデオに子守をさせてたり…。


   

今はメディアが発達して、親が「電子ベビーシッター」に
依存してしまっているんですよね。
「電子ベビーシッター」とは
テレビ、ビデオ、テレビゲーム、パソコンなどで
子守をしたり、早期教育をしたりすること。


そういうメディア漬けになった子どもたちは
どうなっていくのか…?
その影響と現代の子育ての問題点が書かれてあって
さらに、これから子育てはどうあるべきかという例も出してあって
とても興味深く、ためになりました。

1999年、アメリカ小児科医学会は全米の小児科医に対して
次のような勧告を発しています。(本より抜粋)
・2歳以下の子どものテレビ(ビデオ)の視聴を避ける
・“電子ベビーシッター”としてのメディア利用を回避する
・子ども部屋にテレビ、パソコンなどの電子メディアを置かない
・子どものメディア接触時間を1日1~2時間に制限する
など・・・

娘は1歳なので、テレビはまだ見せないでおこう!
と思いましたよ。
それに娘の前でパソコンするのはやめててよかった(´ー`;)>

子育てってホント大変´д`トホホ
今もだけど、将来のことまでちゃんと考えて
育てることが親の責任。

ぜひ、この本読んで見てください!
今の生活を見直すきっかけにもなります。
おすすめですキリリ


楽天市場でも下






ランキングに参加しています!
   にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

[2007/07/22 23:09] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hana1mama.blog108.fc2.com/tb.php/31-6b8dea78









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。